So-net無料ブログ作成
検索選択

保守主義の哲学---小論文:美徳ある自由を生きましょう! [政治]

image001.png


  
読者の皆様へ

 

 いつも拙ブログを読んで頂き、誠にありがとうございます。

 今回は、バーク保守主義哲学/ハイエク自由主義哲学から、皆様の人生に直接役立ちそうな身近な美徳論(価値論)をまとめてみました。

 私の意図としては主として女性向けに書いたものですが、男性でも読んで頂けば、得るものは十分にあると確信しています。

 興味のある方は、どなたでも、ぜひお読みください。

 そして皆様の良き人生に、本小論が少しでも貢献できれば、私の幸いであります。

 →美徳自由しょう


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

保守主義学徒

バーク保守主義者様

美徳冊子第2弾、たいへん勉強になりました。
自由社会における中間組織の役割の重要性について、改めて理解することができました。
また、「道徳は人生における羅針盤」であるということを、再認識することができました。

道徳的メリットと物質的報酬の関係について、解きほぐしていただき、たいへんすっきりしました。
by 保守主義学徒 (2014-03-22 21:42) 

智春

いつもブログを見て保守主義を勉強させていただいております。

http://www.geocities.jp/burke_revival/ 内での目次の一部でリンクが切れているようです。

リンクが切れているURLのバーク・リバイバル02を、burke_revivalに変えればアクセスできるみたいなので、単に打ち間違いと思われますが・・・

既に修正中でしたら申し訳ありません。
by 智春 (2014-03-29 18:05) 

BURKE_REVIVAL_IN_JAPAN

 智春 殿

 貴重なご指摘を頂き、ありがとうございます。

 ご指摘の点、修正いたしました(まだ、すべてではありませんが)。

 リンク切れと、読みにくさは若干改善されたかと思います。

 まだまだ不備があるかもしれませんが、今後修正をかけていくつもりです。

 お気づきの点があれば、またご意見下さい。

 ありがとうございました。
by BURKE_REVIVAL_IN_JAPAN (2014-04-03 07:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: