So-net無料ブログ作成
検索選択

近衛文麿【共産主義政権】が主導した大東亜戦争の真実(第六回:補足回) [政治]

 image001.png


 大東亜戦争肯定論の大罪は、大東亜戦争を推進した日本国にとっての「戦争犯罪人」に対する追撃的批判を妨害する異常行為をなしてきたことにある。

 ここにいう「戦争犯罪人」とは、次のように6グループに分類できる。

 A 近衛文麿、風見章、富田健治・・・ら、“赤い政治家”たち。

 B 武藤章、影佐禎昭、瀬島龍三、種村佐孝・・・ら、”赤い陸軍軍人“たち。

 C 企画院、外務省・・・に巣食う”赤い官僚“たち。

 D 佐々弘雄、尾崎秀実・・・ら、近衛の周辺に屯した”赤いジャーナリスト“たち。

 E 中村哲、平野義太郎・・・ら、論壇を牛耳った”赤い学者“たち。

 F 松岡洋右、山本五十六、大島浩・・・ら、日本外交を反米〔=反日〕に誘導した非コミュニストの”反米屋“たち。

 戦後、左翼側は、これらの「反日・戦争屋」たちを美化する情報戦を精力的に展開した。が、民族系論客は、これに対しての批判や反駁を全くしなかった。

 結果として、間接的に「極左人士」の擁護をなした。情報戦への責任意識を欠く民族系論客は、知的退廃の病にかかっている。

 実際にも、民族系論客は、ほぼ靖国神社と天皇制だけでしか左翼とは対決しないし、その対決の強度は弱々しく、すぐ仲直りをする夫婦喧嘩のレベルである。

 どうやら民族系論客とは、大東亜戦争の実際の推進者であるマルクス・レーニン主義勢力と安逸な連携をしている。

 そればかりか、大東亜戦争に「軍国主義」とか「侵略」とかの(表層の)レッテルを貼って、それ以上の(基層の、内実の)分析を回避する共産党の、あの怪しさぷんぷんの作為と酷似している。

 共産党も民族系も、歴史が完全に明らかになるのは、理由は相違するようだが、困るのである。

 民族系論客は、大東亜戦争の問題を「東京裁判の非」にすり替えてうやむやにする。

 大東亜戦争に関して、隠蔽したいことが相当あるからだろう。

 一方、大東亜戦争中は、ほとんどが「右翼」を偽装して大東亜戦争を推進した共産主義者たちは、戦後は、自分たちの大東亜戦争推進の過去とその成果を隠す目的もあって、革命運動の方法として、「大東亜戦争=アジア侵略」を声を大にして繰返し叫び続ける。

 大東亜戦争の八年間に対し、罵詈雑言を投げつける。だが、これら共産主義者たちの、戦中と戦後における立場も目的も、実はまったく変わってはいない。

 「右翼」偽装を解いて、戦後「極左」を丸出しにしたからといって、彼らは「変節」したのでもない。「転向」したのでもない。

 彼らは8-1にあるごとく、一貫して、アジア共産化に利する言論しかしていない。

 8-1 共産主義者たちの、戦中の思想(→継続→)戦後の思想

 〔戦中〕            〔戦後〕

 大東亜戦争の擁護(→継続→)共産革命の礼讃と支援

 アジア共産化への誘導(→継続→)中共の擁護、北朝鮮の擁護、共産ベトナムの擁護

 アジアからの米英の放逐(→継続→)日米同盟反対、米軍基地撤退

 (以上、中川八洋『亡国の「東アジア共同体」』、北星堂、259261頁)

 

 (今回補足回)→近衛文麿【共産主義政】が主した大東亜戦争の真実(第6回:補足回)

 【上記内容に関連する小論】

 →近衛文麿【共産主義政権】が主導した大東亜戦争の真実(第5回:最終回) 

 →近衛文麿【共産主義政権】が主導した大東亜戦争の真実(第4回)

 近衛文麿【共産主義政権】が主導した大東亜戦争の真実(第3回) 

 →近衛文麿【共産主義政権】が主導した大東亜戦争の真実(第2回) 

 → 近衛文麿【共産主義政権】が主導した大東亜戦争の真実(第1回)

 共産主義の超極悪を歴史から学ぼう

 【バーク保守主義に関するその他の小論】

 真正の保守主義とは何か?

 『美徳冊子「さあ、自助の精神を取り戻そう」』

 ルソー主義の呪縛を滅すための試書

 【バーク保守主義に関するホームページ

 Edmund Burke(エドマンド・バーク)の系譜

   【中川八洋 筑波大学名誉教授 ブログ掲示板記事】(平成26年2月9日リンク追加)

 → “歴史の偽造屋”西尾幹二の妄言狂史(Ⅰ)  

         ――「東京裁判史観」より百万倍有害な「西尾史観」

 → “歴史の偽造屋”西尾幹二の妄言狂史(Ⅱ)  

        ――“冤罪捏造”の<西尾史観>と分裂症の妄想・幻覚

  (平成26年2月27日AM10:30追加、Ⅲ、Ⅳ

 → “歴史の偽造屋”西尾幹二の妄言狂史(Ⅲ)

    ――“天皇制廃止の畸形バイブル”西尾著『皇太子様への御忠言』

 → “歴史の偽造屋”西尾幹二の妄言狂史(Ⅳ)

    ――ルソーノ分裂病思考に酷似する、西尾を蝕む分裂症幻覚

 
  

  【中川八洋先生の有料メルマガ】(平成26年2月9日リンク追加)

  →「中川八洋先生の白熱ゼミナール」


nice!(0)  コメント(16)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 16

保守主義学徒

>彼らは表8-1にあるごとく、一貫して、アジア共産化に利する言論しかしていない。

なるほどです。
そして、今は「脱原発」革命というわけですね。
by 保守主義学徒 (2014-02-08 21:30) 

BURKE_REVIVAL_IN_JAPAN

保守主義学徒 殿

中川八洋 筑波大学名誉教授が、ブログ掲示板を更新され、


 “歴史の偽造屋”西尾幹二の妄言狂史(Ⅰ)   
 ――「東京裁判史観」より百万倍有害な「西尾史観」

 “歴史の偽造屋”西尾幹二の妄言狂史(Ⅱ)
 ――“冤罪捏造”の<西尾史観>と分裂症の妄想・幻覚

 を掲載されています。ご参照ください。(ブログ上にリンクを貼っておきます。)

 また、靖国神社問題、大東亜戦争の軍刑法による真の戦争犯罪者や、東京裁判史観については、中川八洋先生のメルマガ(1000円/月だったと思います)が、非常に面白くかつ有益だと思います。

 これも本ブログトップページ上にリンクを張っておきますので、有料ですが、ぜひお読みください。

 以上は、万が一貴殿にお読み忘れがある場合のお話ですが。
by BURKE_REVIVAL_IN_JAPAN (2014-02-09 21:24) 

BURKE_REVIVAL_IN_JAPAN

 読者の皆様

 中川八洋 筑波大学名誉教授の「中川八洋先生の白熱ゼミナール」は有料ですが、ぜひ購読してください。

 中川八洋 先生の叡智の深さのレベルとは、明治維新後、約150年間の日本国の歴史において、ほとんど他の追随を許さない《大学者のレベル》であると、改めて再認識することでしょう。

 このような日本国の稀有な大学者である、中川八洋先生の著作の出版を、《出版規制=出版させない命令》をかけて《妨害》している<書店>・<出版社>・<圧力をかけている学者・政治家>等々は、《反・国益の大罪 》を犯しているのであり、いつかその大罪を償うことになるに違いありません。


 平成26年2月9日
 by エドマンド・バークを信奉する保守主義者
by BURKE_REVIVAL_IN_JAPAN (2014-02-09 23:10) 

保守主義学徒

情報提供ありがとうございます。

中川先生のブログは拝読しております。
撃論が廃刊になってしまった今、たいへん貴重な情報ソースですね。
by 保守主義学徒 (2014-02-11 21:07) 

BURKE_REVIVAL_IN_JAPAN

 読者の皆様

 中川八洋 筑波大学名誉教授のブロマガが凄い!

 第一章 “スターリン教徒”美山要蔵と松平永芳の犯罪

 第二章 国内法で処断すべき開戦・敗戦責任者

 第四章 魔語「東京裁判史観」は、「スターリン史観」の妄語

 第六章 「東京裁判史観」を宣伝する共産党の狙い

 は必読。

 この後、

 北方領土をプーチン(騙しの天才)に貢ぐ❝暗愚の親ロ❞安倍晋三

 を読んでみましょう。

 安倍内閣の対露外交(方針)は「180度転換」されねばならぬことが明瞭となります。

 また、「井の中の【蛙】の目に映る小さな円い空」(=偏狭で屈曲した歴史観)

 と

 「大空を滑空して地上全体を見渡しながら、かつ獲物である川中の小魚の素早い動きや変化をも見逃さない《鷹の眼》の鳥瞰図」(としての真正の学術的歴史研究成果)

 との間の《厳然たる相違》を実感することでしょう。

 ブロマガの読後、中川八洋 先生を筆頭とする、我々真正保守(自由)主義の道に賛同・共鳴する人々は皆(すべて)、我々と共に日本国を護り、明るい未来を切り拓く運動を展開していきましょう!

 by エドマンド・バークを信奉する保守主義者
by BURKE_REVIVAL_IN_JAPAN (2014-02-18 23:15) 

BURKE_REVIVAL_IN_JAPAN

 (補足)

 現在進行形である、集団的自衛権の解釈正常化に関しては、以下の論文も読んでおきましょう。

 中川八洋先生のブロマガ

 論文例A
 (2013/11/18 13:15付)

 “クズ官僚の姨捨て山”内閣法制局は必要か
   ――安倍晋三の「集団的自衛権」解釈正常化は正しい

by BURKE_REVIVAL_IN_JAPAN (2014-02-18 23:42) 

BURKE_REVIVAL_IN_JAPAN

 VOA news

 →Russia Moves to Send Troops into Crimea; Ukraine Puts Military on Combat Alert

 本文は省略し、以下一部を抜粋します。

 新ロシアが旧ソ連の(軍事)戦略をそのまま継承している本質についてうまく述べられています。

 日本政府・日本国民は、ロシアとの平和条約の締結など、未来永劫<あり得ぬ幻想>であるとを知るべきでしょう。

 'Soviet strategy'

 In Moscow, political analyst Pavel Felgenhauer says Moscow is following a political strategy that worked well in the Soviet era.

 "This is from the Russian textbook — there is nothing new at all," he said, referring to Soviet-era invasions. "It happened in Afghanistan. It happened in Hungary."

 In those cases, Soviet troops invaded countries after appeals by leaders installed by the Kremlin.

by BURKE_REVIVAL_IN_JAPAN (2014-03-02 23:49) 

保守主義学徒

バーク保守主義者様が常日頃から警告してくださっていたロシアの侵略の意思。
その恐ろしさを、今回のニュースを通して、リアルタイムで理解することができました。
by 保守主義学徒 (2014-03-05 22:03) 

BURKE_REVIVAL_IN_JAPAN

 保守主義学徒 様
 読者の皆様

 ウクライナ(クリミア)で、ソ連崩壊後の新ロシアの正体が完全に明らかになりました。

 ロシアの本質は旧ソ連から「何も変わっておらず極めて危険な国である!」という我々真正保守主義グループのの主張が完全に正しいことが証明されました。

 プーチン・ロシアの政府・政治家・メディアが三つ巴で、凄まじい虚偽情報宣伝を展開していますが、幸いに、今回は世界中が「ロシアの嘘一色宣伝」を見抜いており、ロシアが完全に本性を露呈してしまった状況(=ロシアが悪である)となっています。

 例えば、VOA news

 →http://www.voanews.com/content/russia-wags-the-dog-with-ukraine-disinformation-campaign/1865064.html

 を参照してください。


 ロシアが(支那もコリアもですが)旧ソ連から継承し、多用する "fascists"や

 anti-Semitic incidents

 attacks on ethnic Russians

 an alleged attack on the famous Monastery

  more than 650,000 Ukrainians have crossed out of southeastern Ukraine into Russia

 with an undated photograph that was actually taken at the Shehyni border crossing between Ukraine and Poland.

 … …が、いかに出鱈目であることか!

 国連安保理での協議においてさえ、ロシアは世界に向かって平然とで嘘をつく!

 安倍内閣は、欧米との協調行動の対応が遅れたり、(真逆さまに)誤ったりすれば、確実に“内閣の致命傷”に繋がる重要事態だと深く認識すべき。

 'truth is the first casualty of war'

 Events are echoing the 1997 U.S. film "Wag the Dog," in which spin-doctors use the media to whip up support for a nonexistent war.

 今後も、バーク、ハイエク、米国建国の保守主義者ら、中川八洋先生の著作を読んで、真正の自由主義/保守主義を共に学んでいきましょう。

 私の経験上、おそらく、読者の皆様個人の「生き方」「人生哲学」も明確に悟れるようになると思います。

by BURKE_REVIVAL_IN_JAPAN (2014-03-07 01:24) 

保守主義学徒

>今後も、バーク、ハイエク、米国建国の保守主義者ら、中川八洋先生の著作を読んで、真正の自由主義/保守主義を共に学んでいきましょう。

ロシアの本性については、中川八洋氏のFC2ブログ「北方領土をプーチン(騙しの天才)に貢ぐ"暗愚の親ロ"安倍晋三」がたいへん参考になりました。

・ロシアはモンゴル帝国の後継国であり、侵略性を有する。
・米欧等の自由主義国とは本質的に異なるので、ロシアに対しては友好的・平和的な態度で接してはならない。

安倍首相には、欧米と共同での対ロシア制裁や、北海道の防衛力強化に取り組んでもらいたいです。

by 保守主義学徒 (2014-03-08 09:56) 

BURKE_REVIVAL_IN_JAPAN

 保守主義学徒 殿

 >ロシアの本性については、中川八洋氏のFC2ブログ「北方領土をプーチン(騙しの天才)に貢ぐ"暗愚の親ロ"安倍晋三」がたいへん参考になりました。

 私もそう感じました。

 やはり、中川八洋先生の叡智と論理のレベルは超ハイレベルで、いつもながらに感嘆いたします。

 安倍首相(内閣)は、中川先生の厳しいご批判に目くじら立てて怒り、反発してばかりおらず、

 批判の裏側にある、中川八洋先生の、
 
 「安倍首相(内閣)よ、正しき道を冷静に良く見極めよ。そしてバーク、チャーチル、サッチャー、レーガン、吉田茂のような、世界の偉大な真正自由主義政治家の一員となれ!頑張れ、安倍首相(内閣)!」

 という「秘められた心」を見極めてほしいものです。

 少なくとも私にはそのような声が聞こえてきます。

 なお、ロシア(ソ連)の本性(ほんせい)を正確に理解したい人びとは、次の著作も必ず読みましょう(必須でしょう)。

 中川八洋『ゴルバチョフの嘘』、文藝春秋NESCO

 中川八洋『地政学の論理』、徳間書店

 曽野明『ソビエトウォッチング40年』、サンケイ出版

by BURKE_REVIVAL_IN_JAPAN (2014-03-11 01:15) 

保守主義学徒

バーク保守主義者様

文献紹介ありがとうございます。

>中川八洋先生の叡智と論理のレベルは超ハイレベルで、いつもながらに感嘆いたします。

中川先生は、政治思想、地政学、歴史学、法学など、全て超一流ですね。
個人的には、中川先生の憲法学の次回作(悠仁天皇と皇室典範の続編)を待望しています。
先生は筑波大学をご退官なさっていますが、後継のお弟子さんなどはおられるのでしょうか。
大東亜戦争の真実の解明、皇室学、保守主義に基づく憲法学など、先生は数々の偉業を成し遂げられていますが、その後続研究に取り組む若い学者などはいるのでしょうか。


by 保守主義学徒 (2014-03-12 22:38) 

BURKE_REVIVAL_IN_JAPAN

保守学徒殿

その辺りのことは貴殿が御自身でお調べください。



by BURKE_REVIVAL_IN_JAPAN (2014-03-13 00:22) 

BURKE_REVIVAL_IN_JAPAN

失礼しました。

保守主義と書くところを「保守」とタイプミスしてしまいました。

お詫びいたします。

by BURKE_REVIVAL_IN_JAPAN (2014-03-13 00:25) 

保守主義学徒

>その辺りのことは貴殿が御自身でお調べください。

すいません、失礼しました。

by 保守主義学徒 (2014-03-13 21:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: